PAGE TOP

2017.01.19NEWSNSでの商品案内、どんな風に書けば良いですか?

「SNSでの商品案内、どんな風に書けば良いですか?」
と質問を頂きました。

こういうことは「正解!」はないと思うので
私の中で思っていることを書きたいと思います。



まず考えるべきは
「誰に向けて書くか?」

例えば、最近関わらせて頂いている「麹食品」

その最初の製品である蕎麦塩麹熟成肉は(↓コレね)
はっきり言ってお高いけれど
めちゃくちゃ美味しいし


どうやら私達の体に必要なものらしい。
15873035_10211450477956108_5241716887451959266_n
↑詳しくはまだまだ勉強中です^^
そして、開発者である麹フードさんからは

「便利を優先して加工物・添加物が溢れ
 海外からの商品ばかりを良しとする今の世の中を
 なんとかリセットしたい!

 日本食のルーツである「麹」を通じて
 本来の食生活を次の世代に届けたい!

 その考えに共感してくださる方々と
 仲間になりたい!」

という想いを伺っている。

15032691_1736342730023235_7412281179978840323_n
始まりは伊吹山でスタートした「自然回帰」という活動からとのこと


「誰に向けて書くか?」
  =「子供達の胃袋を担う人たち」

そんなストーリーを全部総合すると、

私は麹フードさんの商品は
『未来を作る、子供達の胃袋を担っている人たち』
に、向けて発信したいとおもう。

思い浮かべるとすると
私達母親や
学校給食を決めている市の栄養士さん達、
子供向けの食品を作っている企業・業者の方々なのかな・・・




そして、何を発信すべきか?

それは・・・

「なぜ今、食生活のリセットが必要なのか?」であり
「なぜ麹なのか?」であるとおもう。

そして開発した張本人(伝える人)が
「心底そう思っている!」という気持ちが
一番大切なんだとおもう。


そしてそれを継続して、何度も伝えること。
その発信、文面や写真から
溢れ出るものがあった時に

あ、信頼出来るっておもう。

商品を買うかどうかはそこから・・・




じゃないですか?

だって、体に良いと言われている商品はいっぱいあるし
ものすごい量の情報が簡単に手にはいるんですもん。

どの情報が正しくて、何を信じていいのか分からない。


だからこそ、

継続的に色んな方向から
ずっとずっと伝えていって、

やっと、
「ああ、この人の商品は信頼できるなー
買ってみようかなー」って思うんです。



SNSでの商品案内は

知ってほしい人に、
ずっと継続して想いを伝えていくこと

何事も信頼してもらうことからスタートだとおもいます。


ちなみに私自身、3人の子を持つ母として
家族の胃袋を担う主婦として
麹フードさんの自然回帰、昔ながらの日本食に戻そうという
お考えにかなり賛同しておりまして

去年から勉強している
界面活性剤(泡ない生活)に加えて
今年麹がものすごく勉強したいモノになりました。


麹に関する情報がありましたら
ぜひおしらせくださいね。

宜しくお願い致しますー!

TAG & SEARCH

start

profile profile

丹羽 綾株式会社 絢成(あやなり)代表取締役


女性集客コンサルタント・セミナー講師・整体師
Facebook社#起業女子トレーナー・ショップチャンネルゲスト

中小企業・店舗運営の女性集客・売上アップ支援をしています。リアルな現場の声を生かし、「女性に響く=共感マーケティング」で売上げに繋げる提案が好評。特にSNSを活用した40代女性(ファミリー)をターゲットにしたマーケティングに定評があります。三重県四日市市出身。旅行、お酒・おつまみ、お風呂が趣味。名古屋旧家長男の嫁、3人の母としても、日々奮闘中です!

ツイッター:女性集客専門コンサルタント〜丹羽綾フェイスブック:丹羽綾(にわっち)インスタグラム:丹羽綾メール

end