PAGE TOP

2020.01.09NEW柔らかだけでもダメで強さだけでもダメ。これもまた順番なんだけど、みんな知ってるかな?009

昨日、足先の冷えが多いなぁっておもって、動画撮ったり、ブログ書いたりしたのだけど、そしたらね、色んな方から質問やコメントを頂きました。

 

そんな中で、あ、コレ伝えてないなっていうことがあったので、今日はそんなブログをば。

 

カラダケアの基本

 

身体ケアというと、ストレッチや整体で緩めたり、マッサージしたりっていうことをおもう人が多いのだけど、緩めるばっかりではうまくいかないの。

 

逆に、身体を作るっていうと、トレーニングや食事で筋肉作っていく方向をイメージする人も多いよね。でもそっちばっかりでもうまくいかない。

 

つまりはバランス。

 

どんな人でも、硬い部分もあるし、緩い部分もあるのね。

 

それは動き癖だったり、姿勢だったりがとても関連しているのだけど、もともとの骨格もあるから、このバランスを100%左右前後均等にすることは不可能。

 

顔だってそうじゃん?

 

左右対象な人なんて、バリバリに整形したってなかなかいないよね。

 

私がずっとやっている整体に骨盤美人体操をプラスしたのはそういう理由。

 

整体で硬くなっているところを緩めて、歪みをある程度取ることは出来るけど、それをキープするためには、ご自身で弱い部分の筋肉に力をつけてあげて、いつも使ってる硬くなりやすい筋肉を緩めることが大事。

 

永久に毎週整体90分、通ってくれるなら、私が手伝って、整体の中でやるけど、そんなの無理だし、よろしくないもんね^^

 

だからね、両方をお伝えしてます。それも出来るだけ簡単で運動が苦手、筋トレは嫌いっていう人にも続けてもらえるように。

 

ケアの順番

 

①まずは「硬いところを緩める」からスタート

 

なぜって?

 

歪みの原因は、いつも使ってる筋肉がギューっと縮こまって、骨を引っ張るから。(筋肉は骨にくっついてるからね)

 

その引っ張りを、整体では色んな手技を使って、骨盤美人体操ではマッサージやストレッチでやります。

 

あ、昨日の足先の冷えの皆さんで骨盤美人体操マガジンを買ってくれた人は、昼夜問わず、暇さえあれば、夜のストレッチをやってくださいね。

これね!

 

この次のページのストレッチも、やれる人はやって欲しいのだけど、カラダ硬くてやれない人も毎日じわじわやってみてください。

 

しばらくすると、できるようになってきますよ!その時は呼吸、忘れずにね!!

 

②硬い部分を緩めたら次は「弱いところを強く」

 

つまり筋トレです。

 

筋トレと言っても、強弱、すごく幅がありますよね。自分にあった強度のものを選ぶと良いとおもいます。

 

どの筋肉が弱いかわからない人は、このトレーニングやりたくないなぁってやつをやってください。

 

弱いところだからやりたくないワケなので笑

 

筋トレなんてやったことないって言う人は、まずは骨盤呼吸から始めていきましょう。

 

いつやれば良い?

私は朝がオススメだとおもいます。

 

まず、朝が一番、身体が固まっていること。ギックリ腰の70%は冬の午前中に起こると言われています。

 

朝イチ、身体を動かして、呼吸を沢山すると、代謝がグイッと上がる感じがする。私自身、朝身体を動かすようになってから、冷えが取れてきたようにおもいます。上半身と下半身を交互に、毎日少しずつがオススメです。

 

どのくらい続ければいいの?

 

これまでの経験からすると、1ヶ月でなんとなく変化が見えて、3ヶ月で変わった!という人が多い感じです。

 

ダイエットでもなんでもそうですよね。細く長く継続することが大事。

 

骨盤美人体操チャンネルで毎週月曜日の朝、動画を配信しているので、参考にしてみてね^^

 

ということで、今日は身体ケアの順番についてでした^^

TAG & SEARCH

start

profile profile

丹羽 綾株式会社 絢成(あやなり)代表取締役


女性集客コンサルタント・セミナー講師・整体師
Facebook社#起業女子トレーナー・ショップチャンネルゲスト

中小企業・店舗運営の女性集客・売上アップ支援をしています。リアルな現場の声を生かし、「女性に響く=共感マーケティング」で売上げに繋げる提案が好評。特にSNSを活用した40代女性(ファミリー)をターゲットにしたマーケティングに定評があります。三重県四日市市出身。旅行、お酒・おつまみ、お風呂が趣味。名古屋旧家長男の嫁、3人の母としても、日々奮闘中です!

ツイッター:女性集客専門コンサルタント〜丹羽綾フェイスブック:丹羽綾(にわっち)インスタグラム:丹羽綾メール

end