PAGE TOP

2019.04.17NEWモテる男はサポート上手 モテ男の法則 第6回

おは名古屋!いいお天気ですね!!!今日から骨盤美人体操が始まるのでとってもワクワクしとります♡

 

そんな今朝は久々にモテ男の法則コラムをシェアします!今日は私の仲良しの二人について。というか二人には色々お世話になっております。

 

読んでみてね!
※画像の下にテキストで全文載せてるので、下にスクロールしてみてくださいね♪

 

 

「モテる男はサポート上手」

 

モテる男というと、リーダータイプで目立つ、いわゆる赤レンジャーな男性をイメージする人も少なくないとおもいます。でも今日ご紹介するモテ男は、どちらかというと名脇役タイプ。

「僕、サポートしてます!」って押し付けるのではなく、相手と状況をよく見て、抜群のタイミングでさりげなく支えてくれるモテ男です。

 

「柔軟な対応で女性を輝かせるモテ男」

 

まずは一人目、モテ男カズマの話をしたいとおもいます。彼は物静かであまり話さないタイプですが、とても人気があります。彼と一緒にいると、なぜか安心感があるのです。

 

演劇をするというビジネス研修で、私はカズマと一緒に学びました。早い段階で長い台詞も完璧なカズマに対して、本番ギリギリになってもなかなか台詞が頭に入らない私。

 

自分にやれることができない人に向かって「こうすればいい、ああすればいい」と、あれこれアドバイスをしたがる人っていますよね。でも、カズマは違いました。

 

まず、「一度、台本なしで会話としてやってみようか?」と、私が無理せずにできる方法を探してくれました。

 

二人でやってみた後、「どこか違和感ない?」と聞いてくれ、うまくいかなかった部分を調整。最終的には「あとはボクが丹羽さんに合わせるよ。台本で伝えたいことが伝わればいいのだから」と。

 

演劇の最終目的は観客に伝えたいことが伝わること。そのためにカズマは台本そのままを演じるのではなく、私が心地よくできる方法を提案してくれたのです。この後、本番での私の演技が上手くいったことは言うまでもありません。

 

↑カズマ    ウヌマ↓

 

 

「相手のことを考え尽くすモテ男」

 

そして二人目、フリーランスソムリエ ウヌマさんの話です。サービスマンとして大手ホテルチェーンで部長として勤めていた彼はサービスのプロ。ソムリエのお仕事の他に、接待やデートで失敗しないレストランマナーの研修をしています。高級レストランやバーで沢山のお客様を見てきたサービスマンの視点から伝えるもので、リアルな事例が豊富なとても興味深い内容です。 

 

その研修の中で「正方形のテーブルの一つの角を挟んで隣り合わせで座り食事を楽しむカップル」 の写真から、あなたがサービスマンなら何をどうしますか?というワークがあります。空いているワイングラスを下げる、お水を注ぐ、テーブルの端に置いてあるお皿を落ちない位置まで少 しずらす・・・など色々な意見が出ます。 

 

そこでウヌマさんは、二人がレストランに来る前に何をしていたのか?女性はどのくらいお腹が空いているのか?この後はどこに行くのか?を二人の様子から読み取ってサービスを提供すると言うのです。

 

女性が食べきれなくて男性に申し訳ない気持ちにならないようにしたり、次のお店でもデートを楽しめるようにしたり、お店の売上げ以上に二人の心の満足が目的だからです。

 

さらには、女性は光の加減でお顔が綺麗に見える席に案内したり、心地よく二人の会話が弾むような距離感にセッティングしておいたりします。彼とのデートでそんな風にしてもらえたら嬉しいです!

 

女性に人気の彼は、いつも相手のことを考え尽くし、さり気なくサポートするモテ男です。

 

いかがですか?「モテる」と一言でいっても、色んな要素がありますね。また他も書いていきますね。お楽しみに‼︎

 

 

 

コラム「モテ男の法則」はメルマガ配信しています。

こちらのブログでは不定期にシェアしています。「読み逃したくない!」という方、「定期購読したい!」という方は、ぜひ下のバナーをクリックして読者登録を♪ 毎週水曜日のお昼にお届けします!

 

TAG & SEARCH

start

profile profile

丹羽 綾株式会社 絢成(あやなり)代表取締役


女性集客コンサルタント・セミナー講師・整体師
Facebook社#起業女子トレーナー・ショップチャンネルゲスト

中小企業・店舗運営の女性集客・売上アップ支援をしています。リアルな現場の声を生かし、「女性に響く=共感マーケティング」で売上げに繋げる提案が好評。特にSNSを活用した40代女性(ファミリー)をターゲットにしたマーケティングに定評があります。三重県四日市市出身。旅行、お酒・おつまみ、お風呂が趣味。名古屋旧家長男の嫁、3人の母としても、日々奮闘中です!

ツイッター:女性集客専門コンサルタント〜丹羽綾フェイスブック:丹羽綾(にわっち)インスタグラム:丹羽綾メール

end