PAGE TOP

2018.06.01NEWにわっち塾企画リレー第1弾!名古屋小町のきもの物語イベントがすごく素敵だった件。

にわっち塾企画リレー。東京・名古屋・大阪で6チーム、この秋まで順番に企画を開催していきます。

昨日はその皮切り、舞台で言うならこけら落とし。

着物先生達の企画で「名古屋小町のきもの物語」満員御礼での開催でした。ダンシングヒーローの早着替えショーからスタート。笑いあり感動あり本当に楽しい2時間半。

ダンシングヒーローに合わせて早着替え!すごかったですー!

 

盛り上がりました!

実はこの企画、構成、音響、集客、会場準備、そして当日運営まで 、名古屋小町の4名(小野 道子さん小宮山 啓子さん橋元 百恵さんが、桐谷 さゆりさん)というお着物の先生達でぜんぶまかなわれました。

4人にとっては初めてのイベント企画。

ずっとサポートしてきて、裏でどれだけ頑張られてきたか知っている私。このお辞儀の後の拍手喝采…泣けました。ほんと。

 

 

イベント明けのミーティング

今日はイベント明けのミーティング。

会の中で先生方それぞれのきもの物語の講演をされたのですが、今日はそのヒデオを見ながら伝えたかったことが伝えられたかを検証してみました。

そんな中、本番、話している間に伝えたかったコトが明確になったという 橋元 百恵ちゃん。

うん、分かる!私も経験ある!緊張と集中の場だからこそ、一番大事にしていることに辿り着くのってある。

だから私は講演もセミナーも、原稿は作らないんだ。もちろん、大きな流れは考えるけど、最終、どう伝えるかは、スライドを見て、その場の空気で話してる。

そして昨日、思ったこと…

礼節や所作をおもてなしと呼ぶ人は多いけれど、それは単なる方法なんじゃないかっていう話。

例えば昨日のイベントなら参加してくださる人のことを一生懸命考えるってことが、おもてなしなんじゃないかな…

お客様のことを一生懸命考える

って、ウヌの講演で学んだことをそのままアウトプットしときました。(最近、私、ウヌのハードルを上げるのが趣味です。)

昨日は名古屋小町4人の想いがたくさん散りばめられてました。参加のみなさん、とても満足されて帰られたと思っています。

 

 

女ばかりの集まりは怖い

 

女性ばかりの集まりでは、誰が一番かの争いが起きることが多い。(ハイ、私はそんな中でいつも一番を目指してました)

着物を着た女性が50人以上集まるって、ある意味怖いと思われるとおもう。着物の品評会。誰が素敵か競争みたいな。

 

こんな風に並んでいたりすると尚更そう思えたりしますよねw

 

でもね、競争の気持ちのない人には、競争する人は集まってこない。逆にいつも競争している人の周りは、競争を挑んでくる人が集まる。

 

そんな女同士の競争から抜け出る唯一の方法は、自分で自分を好きになること。自分のことを好きな人は人のことは気にならない。競争の気持ちを持たない。争わない。

 

綺麗な着物を着ることで、気持ちって変わる気がする。私ってなかなか素敵ねって。自分のことを好きになるキッカケ?名古屋小町の皆さんが伝える『きもの』はそういうことも含むだとおもいます。

昨日参加された皆さんを拝見していて、そんな風におもいました。ま、着物を着た女性50名は圧巻だったけどね。

 

兎にも角にも、名古屋小町の皆さん。お疲れ様でした!

まだまだやんぞっ!笑

 

 

 

LINE@もやっています。

LINE@でもメルマガが読めます。

 

友だち追加

 

または、@snm7273jでユーザー検索してくださいね。

※@を入れないと出てきません。

 

 

 

ココナラにも出品中↓

 

TAG & SEARCH

start

profile profile

丹羽 綾株式会社 絢成(あやなり)代表取締役


女性集客コンサルタント・セミナー講師・整体師
Facebook社#起業女子トレーナー・ショップチャンネルゲスト

中小企業・店舗運営の女性集客・売上アップ支援をしています。リアルな現場の声を生かし、「女性に響く=共感マーケティング」で売上げに繋げる提案が好評。特にSNSを活用した40代女性(ファミリー)をターゲットにしたマーケティングに定評があります。三重県四日市市出身。旅行、お酒・おつまみ、お風呂が趣味。名古屋旧家長男の嫁、3人の母としても、日々奮闘中です!

ツイッター:女性集客専門コンサルタント〜丹羽綾フェイスブック:丹羽綾(にわっち)インスタグラム:丹羽綾メール

end