PAGE TOP

2018.09.08NEW北海道地震で感じたこと、そして感謝の気持ちを書きました。

おは名古屋!

昨日は11時半にはベッドに入り、気がついたら朝8時半でした。いっぱい寝ました!!電気があって、水が出て、寝るところがあること、そんな普通のことがとっても感動的におもえる本日です。

 

そんな今日のブログは、9月4日の朝イチの便で、札幌入りしてからの4日間について。

 

とっても濃い時間を過ごしたので、その感じたままを忘れないようにブログに残しておきたいと思います。多分、いや、間違いなく、長くなるけど、良かったら読んでみてね。

 

台風の雲の上を飛んで札幌へ

 

 

モテ力向上セミナーに登壇するために9月4日の午後札幌入りを予定してました。

 

4日は色々備品の買い出しとウヌと打合せ、会場をお願いしているレストランの下見、前からずっと行きたかった、ウヌのオススメ立ち飲み屋 #ちょっとばぁに行く!そんな予定でした。

 

そんな4日、台風21号が日本列島縦断の日。私の予約していた便は欠航が決定。

 

どーしよー!とバタバタしつつ、「台風来るわけだし、危ないからやめたほうがいいよ。」とも言われたけれど、私はどうしても行きたかった!!!

 

もちろん、お仕事なのでなんとしてでも行くのが当たり前だし、楽しみにしていた企画だし、なんとしてでも行きたかったし、行くつもりだったのですが、

 

私にはもう一つ、絶対に行くぞ!いう理由がありました。それは私に会いたい!と言ってくれて、家族を説得して、子供達の色々も工面して、セミナーに参加を決めてくれた彼女達に、絶対会いたいと思っていたから。

 

 

無事、札幌着

 

9月4日の札幌は風は強くなっていたけど、台風の上を飛んで、着いた札幌は穏やかな晴れ。朝10時にウヌを呼び出し、打合せしたり・・・

 

 

備品を買ったり・・・(ココでめっちゃ笑ったハプニングがあったけど、文章で伝えられる自信がないのでまた会った人にお話しします!)

 

そして開店と同時に憧れの立ち飲み屋、ちょっとばぁに♡地元の美味しいおつまみとサッポロビールを何杯か飲んで・・・

 

夕方、この後、人生最大にお世話になることになる、海ちゃんこと深沢貴之さんと合流・・・

 

ウヌ、写真もらったよー

 

夜中までずっとAyawearの販売について相談させてもらったり、ウヌの新しいビジネスについて話したりしてました。(このメンバーでする話はお仕事の話が一番楽しいの♪)

 

 

そしてモテ力向上セミナー

 

よしえさん、お写真ありがとう♡

 

セミナー参加者は12名。札幌からよしえさん、三上さん、広美さん、真由美さん、さおりん、旭川かられなっち、さっちゃん、あにっちょ、旭川の隣町、比布町からめぐっちょ、こずえちゃん、三重からみどりさん、そして栃木からの海ちゃん。(フルカワさん、台風の影響で来れなくて残念でした涙)

 

美味しいお料理を食べながら、お料理に合わせてウヌが選んでくれたワインを飲みながら。

店長さんとワインの打合せに真剣な顔のウヌ。

 

こんな素敵な会場だったの♪

 

参加型で和気藹々と、東京とはまた少し違った雰囲気で、私のパートもウヌのパートも楽しく進行。(2人とも少しずつバージョンアップしてました^^)

 

 

終わっての写真はこんな感じ!
みんなで楽しそうでしょ?

 

 

この後、バーで二次会、ラーメン(海ちゃんにご馳走になった「あさりラーメン(Twitter見てね)」が、また美味しかった!)で、三次会をして帰りました。

 

 

午前3時の地震

 

みんなそれぞれに帰って、ホテルで一段落、寝るかな〜寝たかな〜という頃だったとおもいます。

 

グラグラグラグラ・・・・

 

最初分からなくて、酔っ払ってるのかな??くらいの感じでした。

 

そしたら、グラーグラーっと大きな揺れに。横揺れだったのか縦揺れだったのか、何秒くらいだったのか?何分くらいだったのか?細かいことはあんまり覚えてません。何をしたらイイかも分からなくて、立ち上がって、何もできなかったというのは実際の感じ。

 

今、冷静に考えると、私ってこういう時、精神的にすこぶる弱い。ただただ怖いとおもうだけで、次の行動が全く思い浮かびませんでした。これまでに体験したことのないことに凄く恐怖を感じるということがわかりました。

 

その後、少し経って、札幌中の電気が消えました。煌々と輝いていたすすきのの街が、あっという間に真っ暗。

 

地震も停電も初めてで怖くて不安な私は、ホテル近くに住むウヌに「ひとりで怖い」だの「暗いのムリ」だの「ホテルに来てよ」だの「ウヌんちに行く」だの、今思うと、結構なめんどくさいことを言いました。

 

そしたら「空見てみて、めっちゃ星が綺麗だよ。オリオン座って名古屋でも見れるの?」って。

 

「もーーーこんな時に何言ってんの?!」って思ったよね(笑)でも「もう大丈夫だから寝なよ」と言ってもらって、そのままスマホを持ったまま、寝転がったらウトウト、気がついたら明け方でした。

 

昨日、ウヌがFacebookのコメントに書いてくれたんだけど、私にとっての一番の安全はホテルでじっとしていること。そう思って、色々言ってくれてたことがわかりました。ほんとやね。ウヌ、ありがとう!

 

みなさん、ウヌの言う通り、こういう時はむやみやたらに動くもんじゃない。動くと見つけられなくなるし、地元じゃないからどこが危険でどこが安全かわからないもんね。

 

 

6日の朝

 

少し明るくなって、テレビも消えてしまってるので、情報はスマホ頼り。北海道全域が停電していること、電車も飛行機も不通ということ、当然、帰る予定の便も欠航。復興のめどは経っていないということがわかりました。

 

どんどん減っていくスマホの充電。これが切れたら終わりw  そんな時、東京の青山宝飾の青山陽子さんから「スマホの充電使わない方がいいから、調べものは私がやりますので、欲しい情報あったらなんでも言ってください」とメッセが届きました。

 

空港、道路、電車、電気、水道、レンタカー、フェリー、、、どうやったら帰れるか?

 

こんな感じでずっと、調べる度に連絡をくださいました。テレビも見れない、スマホの充電もどんどん減っていく中で沢山の情報が入ってくる安心感は半端なかった。

 

情報が入ってくるのが当たり前の毎日、スマホが繋がらなくなる恐怖は大きいです。だから陽子さんからの情報は本当にありがたかったし、大きな安心に繋がりました。

 

 

旭川空港へ

 

本土組、三重からのみどりさん、栃木からの海ちゃん、愛知からの私の3人と、空港まで送ってくれると言っていためぐっちょ、ご近所のウヌの5人でメッセンジャーグループを作りました。

 

どうやって帰るか?それぞれに調べて、情報共有していた時、海ちゃんが「旭川空港は動いている!」ということを見つけてくれました。

 

あとで聞いたのですが、旭川空港の稼働率は99.1%。雪などで他の空港がクローズしたとしても旭川はほとんどクローズしない空港なのだそうです。

 

旭川といえば、比布町の隣町。めぐっちょが「車で乗せていくよ!」と言ってくれて、本土組3人それぞれのホテルから拾ってくれました。

 

旭川までの道のりは、こんな風に笑って移動しました。せっかくだから楽しもう!って。そう言ってくれるのはいつも海ちゃん。空っぽのコンビニ、長蛇の列のガソリンスタンド、事故車・・・でも海ちゃんの笑顔で終始明るい車中でした。

 

 

そして旭川空港到着。

 

 

びっくりするほどの人、人、人。

 

何人くらいいたんだろう?私がもらったJALのキャンセル待ちチケットは288番でした。ANAでも同じくらい並んでいたから600人以上はいたね。

 

この日の午後、みどりさんは名古屋行きの臨時便に乗れました。

 

よかった〜〜〜〜!!!ホッとしました。わざわざ札幌まで会いに来てくれたみどりさんにはこの日のうちに帰って欲しかったから…乗れたことで心からホッとしました。

 

私と海ちゃんは乗れずでした。(正確に言うと海ちゃんは乗らずだったのだけどねw)

でも、せっかく来たんだし、楽しもう!!と、そのままめぐっちょの住む比布町へ向かいました。

 

 

初の比布(ぴっぷ)町

 

めぐっちょも参加しているぴっぷエクスマ化プロジェクト。最初は「比布」という漢字すら読めなかったのに、めぐっちょの繋がりから、そのに住む人達、お店、名産品などなど色々知って繋がって、前日のモテ力向上セミナーも、比布町からこずえちゃんが来てくれて、私にとっては繋がりの多い街。

 

そんな比布町は午後早い時間に電気が復活していました。

 

私、人口の多いところからライフラインは復活するものだと思っていたのだけど、一概にそうとは言えないのですね。これまた勉強になりました。

 

夕方16時半過ぎ、めぐっちょ宅に到着。

 

 

実はめぐっちょ、本当は人と一緒に寝泊まりするのが苦手な人です。そんなめぐっちょが快く私達を自宅に泊めてくれたこと。めぐっちょ、ほんとにありがとう!

 

そしていつもSNSで見ていた比布町の #赤兵衛 さんへ。

 

 

赤兵衛さんはエクスマ塾生さんでもあるカズさんのお店。私達のモテ力向上セミナーに来てくれていたこずえちゃんはその奥さん。

 

私は、カズさんに、こずえちゃんの札幌行きにOKを出してくれたお礼と、こずえちゃんを震災で怖い目に合わせることになってしまったことをお詫びが言いたかった。

(そう、冒頭に書いた私がとっても会いたかった人とはこのこずえちゃんです。そして、4人のママ、旭川から来てくれた、れなっちとそのお友達さっちゃんもね。)

 

だから赤兵衛さんに行けて、カズさんに会えて、すごく嬉しかった!

 

赤兵衛さんのお料理は、泣けるほど美味しくて・・・

 

一口二口食べたらホッとして、そしたら急にお腹が空いてきました。気がつけば、丸一日、何も食べてなかったの。どんな時もお腹が空く私のはずが、食べるのも忘れていた。本当、自分にビックリでした。やっぱり気を張ってたんだね。

 

 

そして、めぐっちょの家に移動。お風呂に入ってスッキリして、カズさんとこずえちゃんが持ってきてくれたお布団で、とっても気持ちよく寝れました。多分ね、私、寝転がって三秒で寝てたとおもう(笑)

 

 

比布町の朝

 

朝5時に起きて、6時に出発、めぐっちょの運転で旭川空港に向かいました。

 

めぐっちょはお仕事の日。なのに、一緒に5時に起きてくれて、車を走らせてくれた。「なんもだよ〜〜」って笑って。

 

 

動画は車の後部座席からの景色。朝の空気が気持ちよくて、私、この景色は一生忘れない!って思いました。私の中で「めぐっちょ=この綺麗な景色」。

 

再度旭川空港で並ぶ!

 

 

朝7時半から空港はオープンと聞いて、6時出発で空港に向かった私たち。並んでいても数人、もしかしたら私達1番じゃない?くらい気持ちでいました。あまかったーーー苦笑

 

7時前の時点で200人近く並んでました。

 

あとで聞いたのですが、先頭近辺(その日の1便目にキャンセル待ちで乗れた人たち)は朝5時前から並んでいたそうです。

 

教訓、キャンセル待ちは空港オープン2時間半前から並ぼう!ww

 

 

今回初めてキャンセル待ちをしたのですが

 

キャンセル待ちとは・・・

 

当日便にキャンセルが出た場合にそこに乗せてもらえるチケットを買うこと。

旭川空港からはANA(エアドゥ)とJALが出ていて、羽田行き・名古屋行きがあります。それぞれの航空会社で行き先毎にキャンセル待ちができて、列に並んでキャンセル待ちのチケットを買います。ちなみに旭川ー羽田は各社40000円台前半。

そしてS、A、Bというランクに分けれられ、順にキャンセル待ちの人が呼ばれていきます。

S・Aはプラチナ・ゴールド・ブロンズのカード保持者、Bは一般。

例えば、羽田行きの便を予約していたけれど、災害で来れない人が20名いたとします。その便のキャンセルは20席。その20席をキャンセル待ちしているSランクの人から順番に呼んでいきます。Sランクで5名待っていたら、その人達は全員乗れます。そのあとAランクで15名待っていたら、20席はソールドアウト。Bランクの人達は呼ばれることなく、次の便にまわります。

そして、次の便を待っている間にSランクの人が10名来てキャンセル待ちチケットをゲットしたとします。

次の便のキャンセルが10席だけだとすると、Bランクの人は呼ばれることなく、ソールドアウト。

つまり・・・プラチナ、ゴールド、ブロンズなどのカードを持った人はキャンセル待ちでもシートを確保できる確率がグンと高い!

 

 

実は海ちゃん・・・

このプラチナカードを持っていたんです。だから早い便で帰れたんです。でもそれは海ちゃんひとり。そしたらBランクの私が1人になってしまうので、プラチナの権利を使わず、私と一緒にBランクとして待っていてくれたんです。

実は並びながら、私、おかしいな〜と思ってたんです。いつもブラックカードを持っているような海ちゃんが、こういう時、優遇カードがないなんて、おかしいな〜って。

 

しかも株主優待かな、詳しくわかんないけど、実はネット予約で朝イチの便の空席をゲットできたんです。でもそれもまた、私を置いて帰れないからって「やっぱイイや!」って。そうしたら、そんな一瞬で売れてしまいました。

 

もうね、そんな海ちゃんの気持ちに涙が出ましたよ。なんて優しい人なんだって。なんて器の大きい人なんだって。私がその立場になった時、そんなこと出来るのかなって。

 

昨日の空港もこんな感じ。すごい人・・・w

 

空港で並んでいる私達のところに、(春先、美味しいグリーン&ホワイトアスパラを送ってもらった)今井農園さんのゆっきが顔を見に来てくれました。

 

SNSでやりとりさせてもらっていて、私の中のいつか会いたい人リストのかなり上位に入っていたゆっき。声をかけてもらって、振り向いたら、あ!!!!って。

 

 

あんな大勢の中、見つけてくれてありがとう!!ほんと。

 

 

やっとやっとチケットゲット!

朝6時45分くらいから並んで、5時間以上並んだ、11時過ぎ、私達の代わりにJAL並んでくれていためぐっちょが羽田行きのチケットをゲットしてくれました。

「とれたよ〜帰れるよ〜」って、笑顔でチケットを持ってるめぐっちょの顔見たら、思わず抱きついて泣きました。そして、顔をあげたら、めぐっちょも泣いてた。

そして荷物を預け、2階に上がり、クローズ3分前、11時20分発の羽田行きに乗れました。ずっと笑って、手を振って見送ってくれためぐっちょ。本当にすごい人です。

今回思ったこと

今回の北海道4日間で私はたくさんの人の心に触れさせてもらいました。

人に支えてもらっていること。

たくさんの繋がりの中で生きていること。

自分がとっても弱いこと。

気にかけてもらえることがこんなに嬉しいということ。

本当に人のことを大切にするというのは、
表面的なことではなくて、
とても深い想いの中にあるということ。

言葉にするとなんか軽いけど、私が感じたもの、もらったものは、本当に大きい。

まだまだ北海道では余震が続いています。

そんな中でウヌは「災害に巻き込んでごめんね」とメッセをくれました。そして、今回のギャラはいらないと。「払うに決まってるでしょっ!!」って。そんなやりとりをしました。

セミナーに参加してくれたよしえさんもTwitterで「なんだか申し訳ない」とコメントをくれました。

地震は誰のせいでもないし、むしろ私の方が沢山感謝しているのに。それに2人がいる札幌は、昨日の午後、やっと電気がついて、食べ物もなかなかない中なのに。私のことをそんな風に気遣ってくれて。

私は今回の北海道でのことを一生忘れないし、
一生感謝していきたいと思ってる。

そして、私もみんなのような、
本当の意味で人に寄り添える優しい人になれるように努力する!

こんな風に書いてたら、また泣けてきたよ!涙腺が弱すぎるね笑
本当に本当にありがとうございました!

 

たくさんの優しさをくださった北海道のみんなが1日でも早く通常の生活に戻れますように。心から祈ってます!!そして、私、また札幌に行きたい!旭川行きたい!比布行きたい!!その時はどうぞよろしくお願いします!!

TAG & SEARCH

start

profile profile

丹羽 綾株式会社 絢成(あやなり)代表取締役


女性集客コンサルタント・セミナー講師・整体師
Facebook社#起業女子トレーナー・ショップチャンネルゲスト

中小企業・店舗運営の女性集客・売上アップ支援をしています。リアルな現場の声を生かし、「女性に響く=共感マーケティング」で売上げに繋げる提案が好評。特にSNSを活用した40代女性(ファミリー)をターゲットにしたマーケティングに定評があります。三重県四日市市出身。旅行、お酒・おつまみ、お風呂が趣味。名古屋旧家長男の嫁、3人の母としても、日々奮闘中です!

ツイッター:女性集客専門コンサルタント〜丹羽綾フェイスブック:丹羽綾(にわっち)インスタグラム:丹羽綾メール

end