PAGE TOP

2021.03.11NEW3月11日、あれから10年。気仙沼のママや子ども達は元気かなぁ?

 

覚えてますか??キラママ母金

 

震災後、現地の様子が流れるテレビを見て、どんどん気持ちが落ちていっていた頃「キラキラママプロジェクトで何かできることをやりませんか?」と宮本ミキティから連絡がありました。

 

電話で話す中・・・

 

「誰かを介して何かをするより、私達は直接、現地のママ達と繋がりましょう!」

そんなミキティの言葉からパワーをもらって、ぼんやりしていた私の心に光が灯りました。

 

 

キラキラママプロジェクトで募金をしよう!

 

募金を募って、集まったお金で
現地の子ども達とママ達に物資を届けよう!
「キラママ母金」

 

母から母に繋ぐ募金…母金
このネーミング、ミキティってほんと天才だよね。

 

たくさんのママ達が賛同してくれました

 

この募金には本当に沢山のママ達が協力してくれて、さっき、キラママ母金で検索してみたら、当時みんなが書いてくれたブログがいっぱい出てきました。

 


写真は、ミキティと池田 明代ちゃん、宮島みやでぃの3人でハイエースで気仙沼に物資を届けてくれた時の写真。ミキティのブログから引用しました。

気仙沼に訪問時のミキティのブログ
ブログにはママ達の笑顔が沢山ありました。

そしてこんなことが書いてありました。

 

100こプロジェクトの事。
キラキラママ☆プロジェクトの想い。
キラキラママ☆母金について。
お話しさせて頂きました。
私の役目は、応援するママ達と、被災地のママ達との架け橋。
企業でも、行政でもない。
ママ同士のつながりを、作る第一歩になれたら。

 

大変な方をいつも選んでくれたミキティ

 

実はこの時、私も気仙沼に行くんだとおもってました。

 
でもミキティが「綾さんは名古屋をまとめてください。現地へは私が行きます」と言ってくれたんです。まだ0歳だったハルフミと私を気遣ってくれて、大変な方を選んでくれたミキティ。自分も8歳と5歳という小さい子がいるのにね。

 

私達、名古屋のママ達はミキティのおかげで、何も出来なくてただただ暗い気持ちに落ち込んでいたのを、誰かのためになれる!という想いで、前を向けたんだよね。そして現地のママとも繋がれた。

 

ほんと凄い人だね、ミキティは・・・

 

新聞にも掲載されたね♪

TAG & SEARCH

start

profile profile

丹羽 綾株式会社 絢成(あやなり)代表取締役


女性集客コンサルタント・セミナー講師・整体師
Facebook社#起業女子トレーナー・ショップチャンネルゲスト

中小企業・店舗運営の女性集客・売上アップ支援をしています。リアルな現場の声を生かし、「女性に響く=共感マーケティング」で売上げに繋げる提案が好評。特にSNSを活用した40代女性(ファミリー)をターゲットにしたマーケティングに定評があります。三重県四日市市出身。旅行、お酒・おつまみ、お風呂が趣味。名古屋旧家長男の嫁、3人の母としても、日々奮闘中です!

ツイッター:女性集客専門コンサルタント〜丹羽綾フェイスブック:丹羽綾(にわっち)インスタグラム:丹羽綾メール

end