PAGE TOP

2019.11.23NEW私なんて、俺なんて、って思った時点で、ブス。なんだとおもうという話。

 

自分に自信が持ててますか??

 

今日は朝からこのことをブログに書きたくて、ウズウズしていました笑

 

「どうして、この人はお化粧をちゃんとしないんだろう?」

「どうして、この人はこの服を選んで着てるんだろう?」

「どうして、この人はだらしない姿勢で平気なんだろう?」

 

時々、そんな「どうして?」に出会います。都度都度なんでだろうなー勿体無いなー。いらんお世話なんだろうけど、そんなことを考えています。

 

で、おもったんです。もしかしたら、この人達は自分のこと「どうせ」っておもってるのかも?って。

 

「私、もう若くないし」とか「私、太ったし」とか「私、ブスだし」とか。

 

もしかしたら、そうおもう、何かがあったのかもしれない。でもさ、それって勿体無いなっておもうんです。で、ツイートしたことです。

 

自分のこと、可愛いって思えてる人は可愛いし、キレイと思えてる人はキレイなんだよ。

逆に私なんてって思ってる人はブサイク。

だって、仕草や態度がそうなるからね。

顔のパーツがどうとか、太ってるとか痩せてるとか、そんなことより大事なのは心の持ち様。

めちゃくちゃ伝わるから!

 

自分のことを可愛い、キレイ、カッコいいとおもっている人は、可愛い、キレイ、カッコいい仕草や態度になるの。

 

なぜって?

 

自分から目を逸らさず、よく見ているから。自分の良いところもそうでもないところもちゃんとわかってるから。

 

だいぶ前にお茶席に行った時に先生がお話されてたこと。

 

美しくあることは自分のためだけではありません。相手に不快な思いをさせないため。お化粧も所作も姿勢も美しくあることで、周りの人をしあわせにするのです。

 

とっても納得したのを覚えてます。

 

 

ツイートに反応してくれた3人の話

 

 

上のツイートに反応してくれた3人。

 

上から、琵琶湖のほとり、彦根にある万国吃驚堂(ばんこくびっくりどう)という美容院のオーナー美容師の岡田さん。

 

 

その次が福井県敦賀市のあめりか屋さんという建築会社の社長、めっちゃおしゃれな注文住宅を建てている篠原さん。


そして、大阪で3店舗のクリーニング店を経営していて、マックスブログ塾という塾もやっている、壁下さん。先日はAyawearのモデル協力もしてくれました。

 

 

3人とも、ひどい・・・笑

 

でもさ、こういうのって、自分に自信がないとできないこと。変な自信じゃないよ!自己否定している人にはできないってこと。自分のこと「どうせ」っておもってる人ではないってことね。

 

 

これもお茶の先生の話に通じるものがあるとおもう。

 

なんというか、伝えるの難しいんだけど。とにかく、3人とも、お仕事凄いし、たくさんの人に好かれてて、でもそんなことちっとも凄いとかいばってなくて。あ!そうだ!3人とも奥様と仲良し。家族にも優しいんだとおもう。

 

バカやれて人を笑かせられる。
そういうの素敵だよね。

 

あのさ、お笑い芸人さん達、例えばすべらない話とか出てるメンバーとかみんなカッコいいじゃん?バカやるし、変なこといっぱいするけどカッコいいもんね。ちょっとそんな感じ。

 

あーちょっと褒め過ぎた!これ以上は調子にのせそうなので、今日はここまで!笑

 

自分に自信を持つのは自分の努力、そこからしか周りへの気遣いはできない

 

何が言いたいかというと、とにかく自分に自信のないのはいかんよ!ってこと。どんな人でも素敵なところは絶対ある。でもそれを放棄した時点で、終わり。

 

私なんて、俺なんて、って思った時点で、ブス。

 

自信を持つ努力をする。そして周りをしあわせにするために見た目に気をつける。

 

みんな、がんばりましょー!!私もがんばります!!

TAG & SEARCH

start

profile profile

丹羽 綾株式会社 絢成(あやなり)代表取締役


女性集客コンサルタント・セミナー講師・整体師
Facebook社#起業女子トレーナー・ショップチャンネルゲスト

中小企業・店舗運営の女性集客・売上アップ支援をしています。リアルな現場の声を生かし、「女性に響く=共感マーケティング」で売上げに繋げる提案が好評。特にSNSを活用した40代女性(ファミリー)をターゲットにしたマーケティングに定評があります。三重県四日市市出身。旅行、お酒・おつまみ、お風呂が趣味。名古屋旧家長男の嫁、3人の母としても、日々奮闘中です!

ツイッター:女性集客専門コンサルタント〜丹羽綾フェイスブック:丹羽綾(にわっち)インスタグラム:丹羽綾メール

end