PAGE TOP

2019.10.15NEW演劇はビジネスに役に立つ

昨日から演劇の研修に行ってきました。

演劇ってなに?女優にでもなるつもり?っておもいましたか?それはちょっと違います。

演劇の三要素

師匠、藤村先生は「脚本力、演出力、演技力」の三要素で演劇は作られるとおっしゃいます。

ビジネスだと…
良い商品やサービスを作り出す力=脚本力
それを魅力的に膨らます力=演出力
その魅力を伝える力=演技力
さらには、チームやペアで演じることが共感力を育てると。

これらの力が備わったら、ビジネスはもちろん、自分の意見を伝えたり考えを共有したりも上手くできるようになる。

結果、日常生活も生きやすくなる。

そうなるとおもいませんか?

声のボリュームや緩急は巻き込み力に比例する

同じ内容でも、話す人によって、面白かったりつまらなかったりする…

この違いって声の大きさと表現の緩急だも思うんです。

発声練習の様子です

まず声の大きさ。

前に芸人さん達の舞台を見に行った時、出演芸人さんの1人が、喉を痛めていて声が出てなかったんですね。本当はとっても面白いはずなのに、声が小さいだけで、面白さがいつもの半分だった。

声の大きさで人を巻き込む力は相当変わるなとおもいました。

そして緩急。

抑揚があって、早口になったり、ゆっくりになったり、高く弾けるような声になったり低く落ち着いた声になったり…引き込まれる面白さを感じる人は、緩急が素晴らしくで表現力が豊か。そして表現のアイディアもたくさん。

今回のエクスマ劇では、演劇経験者が何人もいます。みんな、声も緩急も凄い。ほんとどうしたらこんな風にできるのかなって…

天才vs天才のエチュードは最強でした

私も自分のスタイルで、もっと表現のバリエーションを増やしてやれるようになりたい。がんばらねばです。

研修は5月まで続きます。GW明けには東京の小劇場で講演もあります。

また報告していきますね!

酔っ払った女の役をやりました(地だよね?って言われたけど笑)

TAG & SEARCH

start

profile profile

丹羽 綾株式会社 絢成(あやなり)代表取締役


女性集客コンサルタント・セミナー講師・整体師
Facebook社#起業女子トレーナー・ショップチャンネルゲスト

中小企業・店舗運営の女性集客・売上アップ支援をしています。リアルな現場の声を生かし、「女性に響く=共感マーケティング」で売上げに繋げる提案が好評。特にSNSを活用した40代女性(ファミリー)をターゲットにしたマーケティングに定評があります。三重県四日市市出身。旅行、お酒・おつまみ、お風呂が趣味。名古屋旧家長男の嫁、3人の母としても、日々奮闘中です!

ツイッター:女性集客専門コンサルタント〜丹羽綾フェイスブック:丹羽綾(にわっち)インスタグラム:丹羽綾メール

end