PAGE TOP

2018.09.01NEW私が演劇を学ぶ理由ーそれは楽しい輪を広げたいから

はなぶささんのお食事は本当に丁寧で綺麗で美味しい♡

 

2泊3日で伊豆長岡にあるはなぶさ旅館さんでの研修に行ってきました。温泉で研修ーー!イイでしょ?美味しいものを食べて、美味しいお酒を飲んで、リラックスするから、頭も柔軟になる。

どこで開催するか?場所って大事な要素だなーって、つくづく思っています。

 

 

お腹から声を出す

 

2泊3日のうちの1日目から2日目の15時までは、先月から始まったエクスマ劇(通称:劇エヴァ)の研修。なんと、演劇を学んでいます。

 

 

師匠藤村先生は「演劇を学ぶことは伝える力、表現力の向上にもなるし、仕事においてのアドリブ力、瞬発力、そして経営者としては全体をみる力やリーダーシップにもとても役に立つ」とおっしゃいます。私もそんな力をもっとつけたい!そんな風に思って、2月まで毎月1回の合宿に参加させてもらうことに決めました。

 

先月スタートしたこの研修、エクスマ劇。

 

なんと私は声が小さいということがわかりました。ちょっとビックリ!自分では全く思っていなかったから。でもよく考えてみたら、大人数の講演ではマイクを使っているし、セミナーは少人数でやってるから大声いらないし、大きな声で叫んだりしない・・・
うーーーん、もしかしたら、私、今、中1の息子、ヒロトが5歳くらい時に公園でいなくなった時以来、大きな声を出してないかもしれない。

 

ということで、私は「声が小さい組」に所属。研修はお腹から声を出す、発生練習からスタートしました。

 

 

この「あえいうえおあお…」というのを使って、お腹からの声を出す練習します。

 

腹筋は毎日トレーニングしているから、まーまー自信がある。腹式呼吸もいつもやってるから、大丈夫なはず。

 

でもいざ、「お腹から声を出す」をやってみると・・・

 

んーーーーーお腹から上がってきているはずの声が、胸のあたりで止まって、喉の声に変わってる!!ということが判明。

 

これはみんなの練習を聞いてて思ったのだけど、喉の声は大きな声を出してもすぐ手前にストンと落ちる感じがする。お腹からの声は遠くにポーーーーンと飛ぶ感じ。

 

このポーーーーンと飛ぶ声が出せると、伝わるパワーが違うんだよね。(これはちょっと前に行った、スーパー歌舞伎を観て思ったこと)

 

「声の大きさ」と「人を巻き込むパワー」は、比例するのかもしれない

 

前に芸人さんのステージを見て、そんなことを思ったのを思い出しました。私はまだまだ。練習します!

 

 

感動させるような演技がしたい

 

研修二日目の午後はそれぞれのチームで作った10分演劇の発表でした。みんなとっても素晴らしいのだけど、その中でも私の目標になった人が3名います。

 

まずはこの方、おたる政寿司の常務取締役、三代目、中村圭介さん。

 

落語家でもある、山形米沢の旅館 鈴の宿登府屋旅館の若旦那、遠藤直人さんとの2人芝居だったのですが、以前に登府屋旅館で遠藤さんがお披露目してくれた落語のネタ「買い物ぶき」を演劇にしたものにトライされました。

 

脚本は藤村先生。落語をベースにしてあるので、言葉で伝える部分が多くて、とにかく台詞が多いし、長い。それをたった一晩で覚え切って、しかも演技も半端なくて。

 

天才だとおもいます。ほんと。

 

私は多分、台詞も覚えるのが苦手で(講演とかもキーワードを決めるだけで、台本を作ったことがない)、さらにそれに気持ちを載せるというのはかなりハードルが高いとおもっています。

 

でもお二人の舞台を見て、特に中村さんの演技を見て(遠藤さんは持ちネタなんでね^^)とにかく私も頑張りたい!とおもいました。本当にすごかった!

 

 

そしてあと2人はこの方々。

左の男性が山本さん、右の女性が高橋さん

 

離婚した娘がお母さんの再婚先の男性(新しいお父さん)にDVを受けていること知り、心を痛めていた男性を演じた、税理士山本やすぞうさんと、10つ年上の実姉を演じた、株式会社ウィザップ社長の高橋陽子さん。

 

「笑いなし」の脚本を一から作るという課題に挑まれたこのチームの演技は最初の高橋さんの台詞が始まった瞬間に空気がピーーーンと変わった。

 

そしてどんどん会場全体をその空気に包んで、みんなをのめり込ませて、心の中にグッと入り込んでくるようなそんな演劇。

 

私、気持ちがギューーーーーと、たまらなくなって、「姉さん」という山本さんの台詞に思わず目頭が熱くなりました。

 

とにかくとにかく凄かった。こんな風にできたらいいなって心から思いました。

 

私も練習しよう

 

何事も練習だとおもうので、やります!今回の合宿で私のやりたい方向はわかったので、それに向かって邁進します。

 

 

感情を意識的に表現するって難しい。

 

というか、私、そういう表現をしないように訓練してきたとおもう。感情的にならない、ヒステリックにならない、キーキーした女にならないように・・・・

 

どうしたら良いか、まだまだ見えないけど、私なりのスタイルを確立したいので頑張ります!

 

ここを突破した時に、もっともっとたくさんのみんなを巻き込んで、楽しい輪を広げることができるような気がしてます!

 

今はその行程を楽しみたいと思っています!!
みんな楽しみにしててね!
(あ、言っちゃった!笑)

TAG & SEARCH

start

profile profile

丹羽 綾株式会社 絢成(あやなり)代表取締役


女性集客コンサルタント・セミナー講師・整体師
Facebook社#起業女子トレーナー・ショップチャンネルゲスト

中小企業・店舗運営の女性集客・売上アップ支援をしています。リアルな現場の声を生かし、「女性に響く=共感マーケティング」で売上げに繋げる提案が好評。特にSNSを活用した40代女性(ファミリー)をターゲットにしたマーケティングに定評があります。三重県四日市市出身。旅行、お酒・おつまみ、お風呂が趣味。名古屋旧家長男の嫁、3人の母としても、日々奮闘中です!

ツイッター:女性集客専門コンサルタント〜丹羽綾フェイスブック:丹羽綾(にわっち)インスタグラム:丹羽綾メール

end