PAGE TOP

2018.05.01NEWベルギービールウィークエンド>毎年変わるグラスとコインが凄いという件。

 

昨日は栄でやっているベルギービールウィークエンドに行って来ました♡ほんっと、青空の下で飲むビールは最高ですねっ!美味しくって、飲み過ぎました♪  っていつも飲み過ぎてるんですけどね(笑)

 

 

私、観察人間です

 

「知る人ぞ知る」なんですが、私ね、観察が趣味です。

 

っていうと悪趣味に聞こえちゃうかもしれないですが、イイな〜と思うところを見つけて、それってどうしてなんだろう?って考えるのが好きなんです。そして私にも出来そうなことだったら、自分なりにやってみるようにしています。

 

あ、私ね、パッと見、喋るのが好きそうに見えるかもしれませんが、実は人の話を聞くのが好き。あぁ、この人のこういうところが好きだな〜とか、なるほどそういう考え方なんだな〜とか、こういう風だから人気者なんだろうな〜とか、そんなことを考えながら聞いています。

 

もちろん、嫌だなっておもうこともあります。でも、嫌だなって思うのは、自分にもそういう部分があるから嫌なんだよって教えてもらってから、自分に当てはめてみるようになりました。そうしたら、自分が頑張っている部分だったりして、そこをやめてみることで楽になったりね。そんな風におもうようになって、腹が立つことがほとんど無くなりました。ま、そもそも嫌だなって思ったら、自然に距離を置くようにしているということもあるのだけどね。

 

で、ベルギービールウィークエンドの話。

 

お揃いのグラスとコイン

 

人だけじゃなくて、こういう企画でも素晴らしいなっておもうところを見つけるのが趣味です。お酒飲んでても意外とそういうところは見てたりします。趣味なんで^^

 

で、ベルギービールウィークエンド。私のイメージですが、この企画は、なんというかちょっとカッコいい音楽を聴きながら、野外フェスのような雰囲気で、沢山の種類のビールを飲むイベントという感じ。

 

年を重ねるごとに盛り上がっている気がしています。それって何でかなーとか考えるわけです。1番は出展者がしっかり収益をあげれるからだとおもいます。じゃないと続かない。

 

そういった意味で、このイベントのキモはお揃いの可愛いグラスと1枚210円のコインだと思うんです。

 

 

 

まずはグラス。毎年、その年その年のカラーと可愛いイラストの入ったグラスが販売され、私達、来場者は今年のグラスがないとビールを買うことが出来ません。そういうルール。

 

これって、会場に統一感が生まれるし、「毎年来て、揃えたい!」という心理も生まれて、毎年年明けに発表される各会場での開催日程を見て「今年も行かなきゃね!」「みんないつ行く?」という気持ちを作る。集めたい気持ちによる毎年参加の習慣化っていうのかな。

 

ちなみにウチのおばあちゃんは毎年元旦0時〜に近所の神社で配られる干支のおちょこをずっと集めて、昨年十二支全部が揃いました。(12年うちの1回だけ風邪をひいて寝込んでいたのだけど、なんだか私のコレクション欲(ばあちゃんのなんだけど)に火がついて、思わず、私がもらいに並びました。)

 

そんなのと似てますよね!人間集めたいものです。

 

そしてコイン。これは入口や会場内で現金、もしくはカードで、欲しい枚数分を買います。ちなみにスターターセット(グラスとコインのセット)には11枚のコインが付いてきます。そしてビールはコイン3〜5枚で販売されています

 

 

これ、超素晴らしい案だとおもうんですよね。野外のイベントでネックになるのが、お財布の開け閉め。いちいちお札を出して、お釣りをもらって・・・とかめんどくさくないですか?

 

でもこれが最初にまとめてコインを買って、そのコインを枚数分渡すのみって、本当に楽ちん。さらには基本、何杯か飲むので酔っ払ってくるじゃないですか、そうするとお金で支払うより、より一層金銭感覚が薄れる。

 

よく考えるとコイン5枚=1050円のビールってお高いですよね。ホテルで飲むビールと同じくらいかなと思います。でもそんなことカンケーなくなってしまうんです。もはや、自分好みのビールが買えるなら、5枚渡すよ!って、そんな感じ。

 

確か、これ、心理学でなんちゃらっていう名前があったと思うんですが、コインでビールを買わせることで、通常のお財布を開いて買うより、明らかに沢山使いますよ。

 

さらに、もう帰ろうとおもった最後、1枚だけ余っていたとしたら、みんな、使い道ないし、数枚買い足して、もう1杯飲んで帰ろうって、そうなるとおもうんです。少なくとも私はなる。もう帰ろうからの1杯。これによって平均的に通常より1杯多く飲むことになる。

 

「コイン」恐るべしw

 

 

こういうの真似できないかな?

 

そうこういうことに目を向けた後に必ず必要なのは、アウトプット。この案をどこかでやれないかな?って話。

 

例えば、にわっち塾企画リレーの各企画通しで何かを販売し、6つ(6企画展開)集めると完成するとか。(ドラゴンボールみたいにね)

 

にわっち塾企画リレーとはなんぞやという方はこの記事を読んでね^^

全国企画リレー。にわっち塾生、東京・大阪・名古屋各地で企画をやっていきます!

 

 

コインに関して言うならば、お着物の先生たちのイベントでチケットにコインをつけて、会場で何かを買えるようにしたらどうかなとか。骨盤美人体操の選抜選挙の投票は、全てコインに変えれて、それを使って何かを買えるとかもいいかなとか。

 

うん!やっぱり、なにかに使いたい。ちょっと考えてみよう。

 

 

プロはやっぱり凄い!

 

自分達でゼロから作り上げるのは難しい。だから何かを考えるとき、先に流行っているプロの作ったモノを真似っこすると良いとおもうんです。だって、TVもラジオも舞台も映画も企画も、やっぱりその道のプロが作るものは凄いですもの。

 

※にわっち塾企画リレー参加のみんなは色んなイベント行くと良いよ!プロの作っているイベントにアンテナ立てて参加してみて。学ぶことは多いとおもうから。

LINE@もやっています。
LINE@でもメルマガが読めますよ。

友だち追加

または、@snm7273jでユーザー検索してくださいね。
※@を入れないと出てきません。

 

ココナラにも出品中↓

TAG & SEARCH

start

profile profile

丹羽 綾株式会社 絢成(あやなり)代表取締役


女性集客コンサルタント・セミナー講師・整体師
Facebook社#起業女子トレーナー・ショップチャンネルゲスト

中小企業・店舗運営の女性集客・売上アップ支援をしています。リアルな現場の声を生かし、「女性に響く=共感マーケティング」で売上げに繋げる提案が好評。特にSNSを活用した40代女性(ファミリー)をターゲットにしたマーケティングに定評があります。三重県四日市市出身。旅行、お酒・おつまみ、お風呂が趣味。名古屋旧家長男の嫁、3人の母としても、日々奮闘中です!

ツイッター:女性集客専門コンサルタント〜丹羽綾フェイスブック:丹羽綾(にわっち)インスタグラム:丹羽綾メール

end