PAGE TOP

2018.04.14NEWまだ続いてすんません!エクスマセミナー大阪「薬剤師にさせたいと思っています」というお母さんの話を聞いて。

エクスマセミナーねたが続きます。もうしつこいかなーーーとも思ったけど、やっぱりこれを書いておこうと思って。というのは子育ての話です。

藤村先生の講演の中で、子どもを薬剤師にしようかなというお母さんの話がありましたよね。AIにとって変わられる職業の一つなので・・・という話。でもその子がめちゃくちゃ薬のことが好きで、どうしても薬剤師になりたい!っていうなら、と藤村先生はおっしゃいました。

私ね、エクスマを学ぶようになって、子育てにおいての考え方もめっちゃ変わったんです。

自分で選べはいい

ご存知の方はご存知のように、うちには3人子どもがいます。性質が一番私に似てるのは一番下の子、ハルフミ。そう、あの貯金箱を盗んだ犯人です。そして上のお姉ちゃん、ナナミは私をまともにした感じ。ちゃんとしてます、彼女は。

そして、写真を撮らせてくれないこの子、ヒロト。とっても優しいのだけど、表現が下手で、母的には一番気がかりな子です。

3人ともぞれぞれで、同じ親なのにこうも違うかっていうくらい性格も違うのですが、顔は同じ(笑)遺伝子って怖いですね。ちなみに、最近、髪の毛を切ってからは、ヒロトにそっくりとよく言われますw

あ、そんな話じゃなくて、エクスマを学んで、私の子育てが変わったという話です。

何がどう変わったかというと、私、「〇〇しなさい」って言わなくなりました。何を選ぶのも本人が選ぶものを優先。どうしたいかをとにかく聞くようになりました。

だから私の中で「子どもを薬剤師にさせる!」とかいう概念もなくなり、それって親のコントロールじゃん?っておもうようになった。

何になるかは本人の自由。もちろん、情報やアイディアはできるだけ出すし、応援もするけど、決めるのは自分だしって思ってます。

みんな自由に選べばいい

このスタンスは、子どもだけじゃなく、誰に対してもそう思ってます。大きいものから小さいものまで何を選ぶかは本人の自由。

例えば、先日もある方から相談されたのですが、色んなことを周りに言われて、どうしたらいいか分からないと。

「ちょっと離れて自分を見てみて、自分がどうしたいか考えてみたら?」と返事しました。

だって、自分のお仕事のことじゃん?人は関係ないよ。もちろん、良かれと思ってみんな言ってくれるのだとおもうけど、別に違うことを選んでもそれは自由だよ。もし、違うことを選んでとやかく言ってくるのなら、もう、それは、アドバイスでもなんでもなくて、その人があなたをコントロールしたいだけだよ。自分の思うように動かしたいだけ。それで友達じゃなくなるなら、それはそれでいいんじゃない?コントロールしたい人と仲良くする必要ないよ。

これが私の意見^^

自分で選んだことだから頑張れる

藤村先生がおっしゃったように、本人がめちゃくちゃ薬が好きでなる薬剤師と、安定してるから(そもそももう安定しないのだけど)という理由でなる薬剤師は意味が違う。

ぜんぶそう!どんな小さなことでも、めっちゃ好きで選ぶ、本当にやりたいと思ってやる、そういう気持ちがとっても大事。選択はどんなことでも自由。

でもね、それは一番厳しいことでもあるとも思ってます。だって誰のせいにもできないものね。選んだ責任はぜんぶ本人にある。

子どもたちにはそのことを伝えつつ、私の周りのみんなには自分の気持ちに素直に自由な選択をしてほしいなって思ってます。

さ、今日はこれからコチラへ。藤村先生の娘さんの舞台挨拶、楽しみだなーさ、準備しよっと。

 

 

 

Line@始めました。
丹羽綾とLINEで個別にお話できるようになりますよ。

友だち追加

または、@snm7273jでユーザー検索してくださいね。
※@を入れないと出てきません。

 

ココナラにこっそり出品中↓

TAG & SEARCH

start

profile profile

丹羽 綾株式会社 絢成(あやなり)代表取締役


女性集客コンサルタント・セミナー講師・整体師
Facebook社#起業女子トレーナー・ショップチャンネルゲスト

中小企業・店舗運営の女性集客・売上アップ支援をしています。リアルな現場の声を生かし、「女性に響く=共感マーケティング」で売上げに繋げる提案が好評。特にSNSを活用した40代女性(ファミリー)をターゲットにしたマーケティングに定評があります。三重県四日市市出身。旅行、お酒・おつまみ、お風呂が趣味。名古屋旧家長男の嫁、3人の母としても、日々奮闘中です!

ツイッター:女性集客専門コンサルタント〜丹羽綾フェイスブック:丹羽綾(にわっち)インスタグラム:丹羽綾メール

end