PAGE TOP

2017.12.21NEW少々おこがましいですが、聖子ちゃんのディナーショーに行って、おもったことを書きましたw

 

昨日はお友達のお姉様、さくら麹ぱうだぁの櫻井ひろみさんにお誘い頂いて、人生初のディナーショーに行ってきました。松田聖子クリスマスディナーショー!自分への1年のご褒美です。

 

聖子ちゃんのステージは、ショーの始まり方、パッと後ろを向く時の背中、歩いている時の髪の揺れ具合、ダンサーへの気配り、身のこなし、トークも嫌味なく素敵で、当たり前なのだけど全てがプロフェッショナルで、感動でした。

 

今日はそんな聖子ちゃんのショーを観て思ったことを書いてみようとおもいます。

 

 

プロである意識

 

ショーを終えて、一番に思ったのは、やっぱりプロ意識の凄さ。それは「どこまで微細な部分にまで気を回せるか」なのかなだとおもっています。

 

どの仕事もどれだけの意識を持っているか?アマチュアとプロの差はそこなんだと、最近つくづくおもいます。というか、これからの世界で必要なのはそこしかないのかもしれない。

 

私について言えば、そこは苦手分野。敏感に感じるけど、行動に落とし込むことが苦手。(これが人見知りということなのかなと・・・)

で、その理由は根底に恥ずかしいという思いがあることで、そのまた理由は「ちゃんとしないとダメ」っていう思い込みだってことが最近わかりました。

 

それがわかったのは、私の場合、やっぱり人との関わりから。

 

最近不思議で、私に気づきを与えてくれる人が近くに来てくれるようになりました。色んな関わりの中で色々なことを気づき、私なりに考える・・・それを繰り返しています。そして、その繰り返しで、私は、もう一歩先の私になれるんかな〜とおもったりもしています。

昨日夜中に作業しながら、そんなことを考えていました

 

 

そうそう!今、ある本を読み始めました。これもある人のオススメで買ってみました。まだ読み終えてないのですが、なるほど〜〜とうなづくことばかり。

 

画像をクリックするとAmazonのページに飛びます♪

「ちゃんとしないとダメ」って思っている人(多分、人見知りの人)にはオススメかもです。

 

 

細部まで私を宿らせる

 

私の来年の目標にしようとおもっています。

 

ある意味、前ばかっりを見て進んだ2017年。そのおかげでなんとなく私のスタイルが確立できて、ありがたいことに、どこでも「私らしさ」を求めてもらえるようになりました。

 

次に必要なのは細部まで自分らしさで染めるプロの意識。
2018年はクオリティを上げていこうとおもいます。

まずは照れるのをなんとかしよう・・・ニットのようにバシッと決めなきゃ!

 

あ、決意表明で締めくくってしまいました(照)ま、いっか。

 

 

 

Line@始めました。
丹羽綾とLINEで個別にお話できるようになりますよ。

友だち追加

または、@snm7273jでユーザー検索してくださいね。
※@を入れないと出てきません。

 

ココナラにこっそり出品中↓

TAG & SEARCH

start

profile profile

丹羽 綾株式会社 絢成(あやなり)代表取締役


女性集客コンサルタント・セミナー講師・整体師
Facebook社#起業女子トレーナー・ショップチャンネルゲスト

中小企業・店舗運営の女性集客・売上アップ支援をしています。リアルな現場の声を生かし、「女性に響く=共感マーケティング」で売上げに繋げる提案が好評。特にSNSを活用した40代女性(ファミリー)をターゲットにしたマーケティングに定評があります。三重県四日市市出身。旅行、お酒・おつまみ、お風呂が趣味。名古屋旧家長男の嫁、3人の母としても、日々奮闘中です!

ツイッター:女性集客専門コンサルタント〜丹羽綾フェイスブック:丹羽綾(にわっち)インスタグラム:丹羽綾メール

end