PAGE TOP

2016.12.26NEW●Vol.134>頑張るツボ

5af1903dcce1fee21d9f085ad8394a4f_s

人にやる気をもたせる、頑張らせるって、とても難しいですよね。

リーダー研修、管理職研修、人材育成などなど、その部類に多く研修があるのも、なかなかできない方が多いからということですよね。

起業して13年、のべ8000人以上の女性と関わってお仕事をしてきました。

沢山失敗しました。もちろん、うまくいったことも沢山あります。

今日はそんなお話をしてみたいとおもいます。


***

その1)プレッシャーが力になるタイプとプレッシャーが重圧になるタイプ

私自身がプレッシャーが力になるタイプ(プレッシャーがかかればかかるほど、やる気が出る!)ということもあり、この件においては色んな人に沢山迷惑をかけてきました。

私のようなタイプが上司の場合、「こんなに大きな仕事だから、やる気になるでしょ!」的な発言を無意識にしているとおもいます。

「あやさんは大きな仕事が来た時、怖くなりませんか?私は失敗したらどうしようと思ってとても心配になります。」そんなことを言われたことがあります。

失敗のことなんて考えもしなかった、私はとても驚きました。

『プレッシャーが力になるか?重圧になるか?』

この件に関しては、根っ子にある思考の順番によって違うのです。


■プレッシャーが【力になるタイプ】
このタイプは基本「うまく運ぶ為に、死ぬ気で頑張る!」と思っています。

なのでどんな困難が起きたとしても、請けた仕事は絶対にやり通してみせる!!もし何か失敗したとしてもリカバリーしてやる!!と考えるので、プレッシャーは大きければ大きいほど力が湧いてきます。

【重圧になるタイプ】の人から見ると、見切り発進してしまっているように見えるので、準備不足と思われてしまうこともあります。



■プレッシャーが【重圧になるタイプ】
このタイプは物事を全てリスクから考えます。

リスクをひとつひとつ書き出し、それをクリアできるかどうか見極めた上で、スタートします。

なので落ちが少ない。ですが、【力になるタイプ】の人から見ると煮えきらないように見えるので、やる気がないように思われてしまうことがあります。



プレッシャーをかけることが【頑張るツボ】を押すのかどうか・・・

難しいけれど、相手を見極めることが重要ですね。




その2)【動きながら考えるタイプ】と【しっかり考えてから動くタイプ】

何事もスピードが大事!といわれることが多いですが、完了時期は同じだとしても、この二つのタイプのスピード感は一見全く違うように見えます。

例えば、HPをオープンすることになりました。

早々にURLをとり、TOPページのみでも先にアップし、必要に応じてページを増やしていけばよいと考える人は【動きながら考えるタイプ】です。

逆に全体像をしっかりと考え、ページ構成を細かく作った上で、やっと制作をスタートするという人は【しっかり考えてから動くタイプ】です。

例えば上司が【動きながら考えるタイプ】だとすると、【しっかり考えてから動くタイプ】の部下を見ると「おまえいつ始めるんだ!」という話になるし、逆であれば「準備不足で始めるな!やり直しなど無駄が出てしまうだろう!」ということになる。

この違いを把握しておかないと、【頑張るツボ】を押すつもりが、やる気をなくさせてしまうことになってしまいます。




3)【気持ちが大切なタイプ】と【合理性が重要なタイプ】

お仕事をしている中、ちょっとしたことでも「とにかく会って話しましょう!」という方と、「電話でお伝えします。」「メールでお伝えします。」という方がいます。

もちろん案件や内容によっては「絶対会うべき!」ということもありますし、「メールでいいでしょ!」ということもあります。

でもそのボリュームは人によって違います。

ちょっとしたことでも「絶対会うべき!」という人は【気持ちが大切なタイプ】、メールでいいでしょ!という人は【合理性が重要なタイプ】


【合理性が重要なタイプ】にちょっとしたことでも「会ってお話を・・・」というと、「もう!時間の無駄だった!」ということになってしまいますし、【気持ちが大切なタイプ】に「そのくらいならメールでいいでしょ」などというと「あの人は気持ちがない!」という話になってしまいます。

ちなみに、その見極めですが、例えば車を買う時、「営業の□□さんがとてもよくしてくれるからあの人から買おう!」と、価格や性能を比較検討するのではなく、人で決める人は【気持ちが大切なタイプ】です。

「営業さんはいい人なんだけど、やっぱりこっちの方が価格も性能も良いから・・・」というような人は【合理性が重要なタイプ】です。



会わないと【頑張るツボ】押せないのか?会わなくても【頑張るツボ】を押せるのか?

気持ちで【頑張るツボ】を押すのか?合理的説明で【頑張るツボ】を押すのか?

この見極めも本当に重要です。



【頑張るツボ】って人それぞれ。やっぱり難しいですね。

 

あやなりロゴ
http://ayanari.com
女性ターゲットのビジネスに、徹底的な女性目線の提案を。
自営ワーママクラブ運営/マーケティング/販促プロモーション/商品開発/企画提案/コンサルティングサービス

TAG & SEARCH

start

profile profile

丹羽 綾株式会社 絢成(あやなり)代表取締役


女性集客コンサルタント・セミナー講師・整体師
Facebook社#起業女子トレーナー・ショップチャンネルゲスト

中小企業・店舗運営の女性集客・売上アップ支援をしています。リアルな現場の声を生かし、「女性に響く=共感マーケティング」で売上げに繋げる提案が好評。特にSNSを活用した40代女性(ファミリー)をターゲットにしたマーケティングに定評があります。三重県四日市市出身。旅行、お酒・おつまみ、お風呂が趣味。名古屋旧家長男の嫁、3人の母としても、日々奮闘中です!

ツイッター:女性集客専門コンサルタント〜丹羽綾フェイスブック:丹羽綾(にわっち)インスタグラム:丹羽綾メール

end