PAGE TOP

2016.10.20NEW●Vol.121>女性への売り込み

96ef19488326556ec6e5308339dc435c_s

女性集客コンサルタントとして、女性にモノを売りたい人に告げる〜女性にむけての営業、女性への売り込みについて、OK / NGです。


>とにかく良いから!は危険

販売されているご自身がとても効果を感じているなどの場合、「とにかく良いから!!!」と勧められることがあります。

ですが、あなた自身にとってすごく素晴らしいものであっても、お客様にとってそうだとは限りません。

「とにかく良いから!!」というご自身の思い込みのままに、ガンガン押してしまうと、買って頂いたとしても、売り付けられたという感覚が残ってしまいます。

そうすると、その後のリピートに繋がりにくくなりますし、もっといけば嫌悪感を抱かれてしまうという最悪の結果を産むこともあります。

自分の商品に惚れ込んでいるからこそ、冷静な視点が必要。

良いか悪いかを決めるのはお客様なのですから・・・


>良いと思う理由を伝える

自身の商品を販売する際、その商品に自信を持つことはとても重要です。(自信のない商品には誰も魅力を感じません。)

ですが「とにかく良いから!」では、意味が分からない。

お客様に買う理由をきちんと伝えなければいけないのです。


私は自分が何かをお勧めしたい場合、私が良いと思う理由をお話するようにしてします。


例えば、私のセミナーをお勧めする場合・・・

「セミナー事業を始めてとっても嬉しいのは、受講生のみんながどんどん自分を開花して、自分の売りに気づき、自信を持って羽ばたき始めること。」

「それに、みんながとっても良い仲間になっていく。上司も部下もいない起業では、裸の王様、井の中の蛙にならないためにも、同じ境遇の仲間は、自分を知るためにも必要不可欠だと思うんだよね。」

など、より具体的に良いと思う理由をお伝えします。


ここで大切なのは、決して押さないこと。

興味のある人は向こうから聞いて下さいます。

例えば・・・
「それって、どうやったら受講できるの?」とか

「私も参加できる?」とか・・・

そんな質問が来て初めて、受講についてお話しするのです。

もちろん、聞いて頂けるように、聞きやすいような雰囲気作りは努力します。

相手の話に耳を傾け、心はいつもオープンに、どなたからの質問もウェルカムということは伝えています。



>ライフスタイルやタイムスケジュールを知ること

よく営業の電話などをすごく忙しい時間に頂きます。

夕方の18時〜21時、主婦が一日の中で一番忙しい時間です。

働く母であれば、1日の半分のパワーを使う位、やらなければいけない家事が集結する時間です。

そんな時間に
「少しお時間いいですかー?」という電話や訪問。

「いい訳ないだろっ!!!」

確かに最も在宅率の高い時間なのかもしれませんが、在宅=ゆっくりしている時間ではないのです。



>信頼関係が一番大切。

女性にとって、同じものでも誰から買うのかは大変重要です。

特に価格の大きなものは、信頼する人から買いたい。

信頼は一朝一夕では作れない。

地道に継続的な働きかけをすること。

自分の身入りにならないことでも、お客様が喜んで下さることをすること。

【お客様を心から大切におもうこと】

信頼関係を構築するのは、ただただそれだけだとおもいます。

 

あやなりロゴ
http://ayanari.com
女性ターゲットのビジネスに、徹底的な女性目線の提案を。
自営ワーママクラブ運営/マーケティング/販促プロモーション/商品開発/企画提案/コンサルティングサービス

TAG & SEARCH

start

profile profile

丹羽 綾株式会社 絢成(あやなり)代表取締役


女性集客コンサルタント・セミナー講師・整体師
Facebook社#起業女子トレーナー・ショップチャンネルゲスト

中小企業・店舗運営の女性集客・売上アップ支援をしています。リアルな現場の声を生かし、「女性に響く=共感マーケティング」で売上げに繋げる提案が好評。特にSNSを活用した40代女性(ファミリー)をターゲットにしたマーケティングに定評があります。三重県四日市市出身。旅行、お酒・おつまみ、お風呂が趣味。名古屋旧家長男の嫁、3人の母としても、日々奮闘中です!

ツイッター:女性集客専門コンサルタント〜丹羽綾フェイスブック:丹羽綾(にわっち)インスタグラム:丹羽綾メール

end