PAGE TOP

2016.10.19NEW●Vol.120>浅いと深い

boots-181744_640

今回は女性心理というより、私、丹羽綾の本音・・・私の頭の中をぐるぐる巡っている、そんな話です。

【浅い】と【深い】って何の話?


例えば、知識。
ひとつの知識を得たら、実践して実感して、初めて【深い】になると思います。

逆に【浅い】は、方法を知っている、テクニックを知っている、人が試した話を知っているという場合。

【浅い】話はペラッペラで、説得力も信頼性も何もありません。

*

先日、子どもの靴を買いに行った時の話です。

売り場で足の計測をしてくれた店員さんが、私に話しかけてくれました。

「足の歪みから、イライラや精神不安定、やたら怒りっぽいとか、そんな子どもになってしまうんですよ!だから子どもの足の健康を考えてあげるのはママのお役目。思春期、大変になると困るじゃないですか!だから、今からきちんと考えるべきです。そうなってからでは遅いですから。」

明らかにお子さんが居ないか、居ても小さいだろうという女性。
とても違和感で、思わず聞いてしまいました。

「店員さんはお子さんいらっしゃいますか?」

「はい!最近1歳になったばかりです。」

(おいおい!かなりの上から目線なアドバイスは何だ?思春期?考えるべき??私、あなたより少しばかりは子育て経験していますから・・・)ってね。

確かに子どもの成長の過程で足の歪みが体の歪みを引き起こし、それが原因で精神的なバランスを崩しやすくなることは少なくないと思います。(私も整体師なのでそのような事例を沢山見ます。)

その事実を知っているということと、実感とは違います。

例えば、自分の子どもがそんな風で、歪みを整えたら良くなったとか、そういう経験があるというなら良いとおもうのです。

なので、この方の場合、「思春期のお子さんをお持ちのお客様からお聞きしたのですが、やはり足の歪みが精神不安定や思春期のイライラ増大につながっているみたいです。」と話すべきではないかと思うわけです。

【浅い】話には違和感がある・・・


*

化粧品や健康食品の販売なども同じことが言えると思います。

売っている方がその商品を使って、成果を感じていることが一番の信頼感。お客様はそれに心を動かされるのだと思います。


子育てや教育関連の先生なども同じだと思います。

すでに育ったお子さんが幸せな人生を送っている方からのお話はすーっと受講者の心に入ってきます。


事業の成功バックアップなども同じく。

成功を収めている方、実績を出されている方からの情報でないと、やはり違和感になってしまう。


何事も机上の空論ではいけない。実感が実用。それが【浅い】と【深い】の違いなのだと思います。


*

会話においての【浅い】と【深い】。

自分の想いや考えを伝えて初めて【深い】会話になると思います。

「自分がどう思うのか?」「どう感じるのか?」など自分の内面のことを口にしない人は【深い】付き合いは出来ないと思うのです。


私は1年半という短期間ですが留学の経験があります。

その時、一番びっくりしたのが、授業で「あなたはどう思うの?」「彼はこう思うと言っているけど、あなたはどうして違うと思うの?」「あなたはどうしたいの?」と徹底的に意見を求められたこと。

私以外の他国からの留学生はビシバシ意見を言い合っていました。

私はそんなクラスメイトにとても驚くばかり・・・しかし、自分の意見をしっかり言えないと、一気に意見のないダメなヤツとしてカテゴライズされてしまう、厳しい環境です。

私も必死に自分の想いや考えを伝えるように訓練しました。

しばらくして、慣れてくると、どんどんクラスの皆の価値観の違いを認識し、自分と違う価値観を認めることができるようになりました。それで心から打ち解けることが出来ました。

なかなか難しいのかもしれませんが、せめてしっかり関わりたい人には、自分がどう考えているのかきちんと伝えたいものです。

SNSの利用者が増え、挨拶程度の関係=【浅い】が増えてきていると思います。当たり障りのない関係。

そんな今だからこそ、自分の想いや考えを伝え、違った意見にも耳を傾け、お互いに本音でぶつかり合える、そういう【深い】関係を作る努力が必要だと思っています。

*

最後に・・・
人間性の【浅い】と【深い】。
人のことを考えられる、そして自分のことをしっかり見つめられるということが【深い】人という定義になるのだと思います。

具体的には
・すべてにおいて三方良しがしっかり作れる

・うまくいかないことがあっても、その原因を自分の中に見つけ改善策を見出せる

・何かに対して文句がある場合も、言いっぱなしではなくそれに対する改善策もつけて提案できる

色々な方とお会いさせて頂くのですが、長きに渡って活躍されている方はみなさん【深い】。

私も【深い】の仲間に入れてただけるように頑張っていかねばと思っております。

 

あやなりロゴ
http://ayanari.com
女性ターゲットのビジネスに、徹底的な女性目線の提案を。
自営ワーママクラブ運営/マーケティング/販促プロモーション/商品開発/企画提案/コンサルティングサービス

TAG & SEARCH

start

profile profile

丹羽 綾株式会社 絢成(あやなり)代表取締役


女性集客コンサルタント・セミナー講師・整体師
Facebook社#起業女子トレーナー・ショップチャンネルゲスト

中小企業・店舗運営の女性集客・売上アップ支援をしています。リアルな現場の声を生かし、「女性に響く=共感マーケティング」で売上げに繋げる提案が好評。特にSNSを活用した40代女性(ファミリー)をターゲットにしたマーケティングに定評があります。三重県四日市市出身。旅行、お酒・おつまみ、お風呂が趣味。名古屋旧家長男の嫁、3人の母としても、日々奮闘中です!

ツイッター:女性集客専門コンサルタント〜丹羽綾フェイスブック:丹羽綾(にわっち)インスタグラム:丹羽綾メール

end