PAGE TOP

2016.09.16NEW●Vol.119>働く母の家庭事情

69e1c7ec8f0328f28b145df3e9c4caea_s

仕事の顔、妻の顔、母の顔、嫁の顔、主婦の顔、女の顔・・・
いろんな顔があるのが、働く母です。

最近は「主婦起業」という言葉もメジャーになり、
会社勤めの他にも、子を持つ女性の働き方が多様化、
幅広い層の働く母が増えています。


今日はそんな中でも私の周りのガッツリ働く母達の日常について、
書いてみようと思います。


1) 家計の話
働く母がいる家庭とは、いわゆるダブルインカム家庭。
共働きというと生活感あふれる感じに聞こえますが、
いわゆる夫婦二人分の給料(収入)のある家庭です。

どちらの稼ぎがどうとか、
お金自体のやりくりは家庭毎にそれぞれですが、
収入の額はやはり多いですよね。

名古屋市の場合、保育料は夫婦の所得によって変わりますが、
私の周りではMAXの保育料を払っている家庭も少なくないです。

ただ、その夫婦が貯金が沢山あるか?という話は少し違う。

夫婦二人が働いている=二人ともが外に出ることが多い
=使うお金も多い=貯金が多いわけではない・・・気がします。

また家計について
「お金が足りないから倹約するのではなく、
足りない分を稼ぐ方法を考える!」
という風におっしゃる方が多いです。

「使いたいから、稼ぐ!」
その辺り、男性よりはっきりおっしゃる方が多い気がします。



2) お金のつかい道
自分への投資、子どもに良いものを、家族旅行にも・・・
などのような方が多いです。

特に45歳以上(バブル経験者)の女性は
質の良いものは高くても出す(むしろ高いから出す)傾向にあります。

ちょっと前ですが、ある方がおっしゃっていました。

「かばんはやっぱり皮製のものがいい。
 子どもと出かける時には荷物をたくさん入れるから、
 出来るだけ軽くて柔らかな皮のかばんを探してるんです。」

彼女は女医さん、バリバリ働く母。
彼女のように、自分の持ち物にこだわりを持つ人も多いです。



3) 段取り上手
バリバリ働くと言っても、仕事に費やせる時間が限られている働く母。

やりくりうまく、効率よく動くという事に貪欲な方が多いです。
いわゆる段取り上手!

いくつものことを平行して進めることを得意とし、
『効率的』という言葉が好きだったり・・・

そんな母達のパソコンを見ると、
幾つもの画面が同時に立ち上がっている人が多いし、
お客様を訪問する日や方向をあわせて、
ロス時間をより少なくするようにやりくりするとか、仕事の用事の合間に、
子どもや夫の為にやらなければならないことも済ませるとか・・・

みんな、とにかく時間の使い方がうまい。

家の中でも、1つの動きで
いかに多くのことを片付けられるか?を常に意識。

例えば、2階に洗濯物を置きに行く足で、
お風呂の栓をしめ、1階用のタオルをとり、
窓を閉め、子ども部屋に寄って、荷物をとり、
ゴミを集め、1階に降りる・・・みたいな。



4) 持ちつ持たれつの関係構築
母が何かをしようと思った時、周囲のヘルプは多い方がいい。

困ったときのご近所頼みというわけではないけれど、
日頃からの協力関係をうまく構築するのも働く母にとっては仕事の一部。

持ちつ持たれつの良い関係、
友達、親戚、ご近所、そして夫や子どもも・・・

そして料金をはらってお願いできるという情報も
みなさん沢山持っていらっしゃいますね。




5)時短料理と携帯のイヤーフォン
仕事のできる人は、料理もパパパッと手際よく進めます。

毎晩、差し迫る時間の中での夕食準備、フードプロセッサー、
食洗機、オーブンなど、手間をはぶく器具を活用されるのも
働く母に多い特徴です。

そう!料理しながらイヤーフォンで電話打合せというのも通例です。
(以前にイヤーフォンして料理している写真をFB投稿したら、
多くの働く母が「私も同じくですー」とコメントをくれました。

また食材の宅配サービスの利用が多いのも働く母の特長ですね。

***

いかがでしょう?
働く母のみなさん、「うんうん!」「そうそう!」という部分ありましたか?

男性の皆さんはいかがですか?

 

あやなりロゴ
http://ayanari.com
女性ターゲットのビジネスに、徹底的な女性目線の提案を。
自営ワーママクラブ運営/マーケティング/販促プロモーション/商品開発/企画提案/コンサルティングサービス

TAG & SEARCH

start

profile profile

丹羽 綾株式会社 絢成(あやなり)代表取締役


女性集客コンサルタント・セミナー講師・整体師
Facebook社#起業女子トレーナー・ショップチャンネルゲスト

中小企業・店舗運営の女性集客・売上アップ支援をしています。リアルな現場の声を生かし、「女性に響く=共感マーケティング」で売上げに繋げる提案が好評。特にSNSを活用した40代女性(ファミリー)をターゲットにしたマーケティングに定評があります。三重県四日市市出身。旅行、お酒・おつまみ、お風呂が趣味。名古屋旧家長男の嫁、3人の母としても、日々奮闘中です!

ツイッター:女性集客専門コンサルタント〜丹羽綾フェイスブック:丹羽綾(にわっち)インスタグラム:丹羽綾メール

end