PAGE TOP

2016.08.26NEW●Vol.113>トキメキ感

e0d96d236c234cea1d6826a7e205ea96_s
その昔、周りとの共生で村を守り子孫を育てることが使命だった女性。

狩りを使命としていた男性(直線的視野に長けている)に比べて女性は周囲をぐるりと見渡す能力に長けています。

実際に男性の視界が中心に向かっているのに対して、女性は多方向へ向かっているそう。

そんな特性もあって、女性はどんな時も全体を見て、色んなことを判断します。


ここから本題・・・

女性の購買決定において、“ときめく”か否かはとても重要です。そしてこの【トキメキ感】は全体の様子によってかなり左右されます。

例えば、ケーキ。
心ときめくケーキ屋さんには、トータルした幸せ感があります。

お店に一歩入った時に「わあ〜〜」とおもう幸せ感。

それって何だと思いますか?
ケーキの美味しさ?可愛らしさ??

ケーキ屋さんですから、美味しそうで、可愛いケーキというのはもちろんのこと。

それだけでは女性の心はときめきません。

例えば、お店のつくりや照明の具合(光の入り具合)、壁紙、スタッフさんの制服や表情、雰囲気、包んでもらった包装がどんなか・・・などなど。

さらに言うのであれば、お客様の層も・・・・

全てのイメージが統一されていて、売っているケーキにあっている・・・
これが女性の心を動かすのです。



例えば、ナチュラルで自然なものが好きな女性が、オーガニックを売りにしているケーキ屋さんに行ったとします。

『厳選された良い素材を材料とした身体に優しいケーキが小綺麗にならぶ店内。

細かなディテールが素敵なアンティーク家具や照明がいい雰囲気を醸し出しています。

そしてお店には、おしゃれナチュラルなこだわり派の女性達。

ケーキを注文すると質の良いコットンの制服を着た店員さんが爽やかな笑顔で対応してくれる。

ケーキの箱は、ちょっとこだわったデザインの素敵ボックス。

家に帰って箱を開けた時、甘い香りの中の爽やかな香りが部屋に広がる・・・』

そんな全てがケーキ屋さんに入った女性にとっての【トキメキ感】であり、購買決定につながる理由なのです。



これはケーキ屋さんだけではなく、全ての業種に言えること。

例えば、レストラン、お洋服屋さん、スーパーマーケットも同じです。店舗だけでなく、セミナー、イベント、無形サービスについても、全体の様子がが期待以上であること。

これが【トキメキ感】を盛り上げるのです。



女性は全体を見ています。

昨日、ある女性が私に話してくれました、「とっても可愛くて素敵で、FBなんかでも自撮りがめちゃめちゃうまくて、ファッション系のお仕事をされているんどえ、どんなに素敵な女性なんだろうと思っていたのに、お会いしたらものすごく姿勢が悪くて、とっても幻滅した。」と・・・・

彼女は、期待値が高かったがために、持っていたイメージと実際のギャップが大きく、幻滅の度合いも大きかったそうです。

やはり全体が揃っていないといけませんね^^




でも今一度、見渡してみてください。全体にギャップはありませんか?そしてそのギャップに違和感はありませんか?

『美味しいケーキを売っている=人気店』ではないということです。

 

あやなりロゴ
http://ayanari.com
女性ターゲットのビジネスに、徹底的な女性目線の提案を。
自営ワーママクラブ運営/マーケティング/販促プロモーション/商品開発/企画提案/コンサルティングサービス

TAG & SEARCH

start

profile profile

丹羽 綾株式会社 絢成(あやなり)代表取締役


女性集客コンサルタント・セミナー講師・整体師
Facebook社#起業女子トレーナー・ショップチャンネルゲスト

中小企業・店舗運営の女性集客・売上アップ支援をしています。リアルな現場の声を生かし、「女性に響く=共感マーケティング」で売上げに繋げる提案が好評。特にSNSを活用した40代女性(ファミリー)をターゲットにしたマーケティングに定評があります。三重県四日市市出身。旅行、お酒・おつまみ、お風呂が趣味。名古屋旧家長男の嫁、3人の母としても、日々奮闘中です!

ツイッター:女性集客専門コンサルタント〜丹羽綾フェイスブック:丹羽綾(にわっち)インスタグラム:丹羽綾メール

end