PAGE TOP

2016.06.23NEW●Vol.101>女性の楽しみ

cea22712fbd18b2578b9a23103a231dc_s「女の本音を知れば世の中が変わる!」なんて言うと大げさに聞こえるかもしれませんが、日常の財布を握っているのは女性。女性の本音を知って、ビジネスに取り入れてみよう!というコンセプトでメルマガ配信しています。

私、丹羽綾の本音トークだったりするのですが^^


今日のテーマは「女性の楽しみ」。

女性はいくつもの顔を持っています。その時どんな立場でそこに立っているのかで、カメレオンのように変身できるのが女性です。

今日は、変身こそが女性の楽しみであり、自分を表現する方法なのだと思います。

***

先日、家の整理をする中、ずっと起きっぱなしになっていたアルバムを引っ張り出して見てみました。

高校の時、大学、留学時代、就職、結婚、出産、退職、起業・・・・今に至るまでの写真の数々。

私も相当な変身を遂げてきていました^^
たくさんの写真を見る中で、ふと思ったのが服装の変化です。

「私をスキーに連れてっての原田知世に憧れて買った白いスキーウェア」
「キラッキラにテカる超ハイレグの水着」
「やけに大人びたスーツ」
「ママモードが嫌で派手は色を好んでいた新米ママ時代」
「ちょっと背伸びして買ったハイブランドのコート」

笑えますよね^^
でもよーく見ていると、どうやら服装が、その時その時の私自身の状態を表しているような・・・



ネットで少し調べてみたら、面白い動画を見つけました。

キャバ嬢のための心理学「服装からわかる深層心理」

一部ご紹介しますね^^

制服やスーツを好む人
・自分の内面を見せたくない人

会うたびに服装の趣味が変わる人
・まだ発展途上中の人
・まだアイデンティティが確立されていない若い人

突然髪型・服装やふるまいを変える人
・理想が高い
・内面をガラッと変えたいという願望の現われ
・欲求不満である場合も

派手な服装・派手なふるまいの人
・自己変革中の人
・既存の枠から大きくはみ出したい人
・親との間に確執があったり、抑圧されていた人

流行のファッションブランド・小物・大きなアクセサリーに身を包む人
・傷つきやすい
・自分の内面を守りたい気持ちが強い


いかがですか?
私は心当たりがあることがたくさんあります。
ああ、あの人はそうだな〜なんて頭に浮かぶ顔も幾つか・・・


変身・・・女性の得意分野であり、楽しみであり。
でもこの変身、どうやらいろんな意味が隠されていそうです。

 

あやなりロゴ
http://ayanari.com
女性ターゲットのビジネスに、徹底的な女性目線の提案を。
自営ワーママクラブ運営/マーケティング/販促プロモーション/商品開発/企画提案/コンサルティングサービス

TAG & SEARCH

start

profile profile

丹羽 綾株式会社 絢成(あやなり)代表取締役


女性集客コンサルタント・セミナー講師・整体師
Facebook社#起業女子トレーナー・ショップチャンネルゲスト

中小企業・店舗運営の女性集客・売上アップ支援をしています。リアルな現場の声を生かし、「女性に響く=共感マーケティング」で売上げに繋げる提案が好評。特にSNSを活用した40代女性(ファミリー)をターゲットにしたマーケティングに定評があります。三重県四日市市出身。旅行、お酒・おつまみ、お風呂が趣味。名古屋旧家長男の嫁、3人の母としても、日々奮闘中です!

ツイッター:女性集客専門コンサルタント〜丹羽綾フェイスブック:丹羽綾(にわっち)インスタグラム:丹羽綾メール

end